Original

英会話力は本当につくの?英語の学童保育とはどんな場所?

目次;

1.はじめに

2.英語学童の比較

3.まとめ

 

1.はじめに

10年ぐらい前に出現してから、一気に拡大・人気急上昇中なのが英語の学童保育です。

学童保育といえば、学校が終わった後、働いている保護者が帰ってくるまでを家庭の代わりに面倒を見てくれるサービスです。

子どもの頃、利用していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方、英語の学童保育、英語学童とは、小学校1~6年生を対象とした、インターナショナルスクールの放課後版に近いものです。

英語が話せるネイティブ講師やバイリンガル講師と、放課後をいっしょに過ごすことで、英語環境の中で子供を預かってもらえるサービスになっています。

今日は、首都圏のメジャーな英語学童について、カリキュラムや費用などの情報をご紹介します。

 

2.英語学童の比較

ジョイキッズワールド あんふぃい

教育理念はフィジカルエデュケーションとイングリッシュ。

外国人講師とレッスンや遊びを通して生きた英語を身につける。

また、身体を動かし、フィジカルな体験をすることで社会性や強調性を身につけていくことを目指しています。

 

【カリキュラム】

週2~5回コースあり。

リーディング/ヒアリング/カンバセーション/プレゼンテーションの4つのコースからレッスンを受講することができます。歌や本など毎月変わるレッスンテーマも用意されています。

 

【費用】

①月謝

週2回コース ¥20,000

週3回コース ¥30,000

週4回コース ¥40,000

週5回コース ¥50,000

※長期休みのある3・4・7・8月は割増料金。

※19時以降の延長料金は30分500円です。

 

②その他の費用

入会金 ¥20,000

おやつ代(週2~週5コースにより \2,000~\5,000)

 

【預かり時間】

平日15時~19時(最大延長は20時まで)

長期休み中は10時より受け入れ。

 

【施設のポイント】

プレイランドという遊具やボルタリングなどが楽しめるスペースがあります。

運動不足の子どもも多いので、屋内にいても身体を動かせるので天候に関係なく楽しむことできます。家族でプレイランドに入ることもできるので、レッスン以外でも親子で英語に触れることができます。

 

【アクセス】

ららぽーと湘南平塚、センター南、相模大野ステーションスクエア

 

Kids UP

楽しく英語力や知的好奇心を伸ばすことを目的とする。

脳科学などの理論に基づいたカリキュラムを採用。

スクールでの会話は基本的に英語のみ。英語漬けで留学しているような環境となっています。

 

【カリキュラム】

スポーツやクラフト、算数、理科、社会などを英語で学ぶことができます。

帰国子女やインターナショナルスクール出身の子どもへ向けたスペシャリストコースもあります。

 

【費用】

①月謝

週2回コース ¥33,000

週3回コース ¥48,000

週5回コース ¥64,600

※18時半から19時半までの延長は1ヶ月4000円。

※19時半以降の延長は30分400円。

 

②その他の費用

入会金・入会セット ¥35,050

維持管理費・おやつ代(半年分) ¥30,000

※送迎サービスは無料

 

【預かり時間】

平日10時~20時

学童保育は13:30~18:30(最大20:30まで延長可能)

 

【施設のポイント】

モニターカメラが設置されており、専用ページで子供の様子をリアルタイムで見ることができます。

また、指定の小学校へのお迎えと自宅付近のバス停までの無料送迎を行っているのでスクールまでお迎えに行く必要がありません。

 

【アクセス】

大森や成城、門前仲町など都内に10スクールあり。

 

 

Kids Duo 

やる気スイッチの英会話スクールが母体で学童保育と幼児教育を行なっています。

グループ全体で「子供の頑張りをポイントに換算してポイントを貯めていくプログラム」があります。

貯めたポイントは、おもちゃや文房具などと交換できますが、これは、こども自身のやる気を継続できるような工夫とのこと。

ネイティブ講師と日本人のバイリンガル講師がレッスンを行うので、海外の文化と日本の文化の両方を体験することができ、一人ひとりの個性や感性を育てています。

 

【カリキュラム】

アート&クラフト、音楽、運動、ゲーム、読み聞かせ、パターンブロック(※)など、1日に2つのプログラムを、全て英語で学びます。

クラスは年齢で分かれていないので、幼い頃から色々な年齢の子どもと遊ぶことでコミュニケーション能力も身につけることができます。

※パターンブロックとは、海外や有名小学生で取り入れられている、ブロックや形を作るなど手を使って算数を学ぶ方法のことです。

 

【費用】

①月謝

週2回 ¥33,000

週3回 ¥46,000

週4回 ¥56,600

週5回 ¥64,800

※往復送迎付き。送迎がない場合や片道送迎の場合で1,000円~5,000円程度の割引あり。

※19時半以降の延長料金は30分400円。

 

②その他の費用

入会金 ¥20,000

維持管理費(半年分) ¥12,000

教具・おやつ代(半年分)\10,000~\20,000程度

 

【預かり時間】

平日 13:30-19:30(最大20:30まで延長可能)

スクールによっては夏休みなど長期休み中には午前中から開校しています。

 

【施設のポイント】

近隣の小学校へ送迎を行っています。その後、スクールに到着した事を保護者にメールにてお知らせするサービスもあり安心してお任せできます。また、スクールでの様子は毎日連絡帳でお知らせしてもらえます。

 

【アクセス】

全国に1,376スクールあって、関東は65スクール(そのうち都内には28スクール)あります。

 

 

3.まとめ

今回は、関東にある英語学童の比較を行いましたが、3スクールとも、子供と楽しく英語を自然に身につけていくことを主にしています。

預かり時間は最大20時から20時半までと大差はないものの、小学校や自宅への送迎を行っているスクールもあり、お迎えの時間を気にする保護者にはありがたいサービスだと思います。

お住いの地域や金額など、考慮する部分は様々だと思いますが、もしも「うちの子供も入れてみようかな」と思ったら、実際に施設を見学していくとイメージが湧きやすいでしょう。

もしも、学童になかなかなじまない・・・あるいは、週末には英語に触れる機会が極端に減ってしまう・・・ということを気にされる場合は、自宅でも学べるオンライン英会話や家庭教師もおすすめです。

レッスンは自宅で行うので、お子さんの成長を目の前で見続けられるのは、利点も多く、嬉しいことではないでしょうか。

「英語教育」カテゴリの記事一覧

【必見】小学生の英語教材選びで重視すべきポイント

小学生の英語教材を選ぶときには、押さえておくべき重要なポイントがいくつかあります。レベル別のおすすめ英語教材や、教材を使いこなすためのヒントもご紹介します。

現地レポート!アメリカ小学校・移民の英語教育事情

アメリカは移民して来た人々によって作られた国です。今回の現地レポートは、移民者の背景を考えながら、子供たちがどのようなサポートをアメリカの小学校で得て、英語を身につけて行くのかをお伝えします。

現地レポート!発音も良くなるアメリカ小学校の英語教育事情1

「ネイティブではないので、英語の発音は上手になれない・・・」と諦めてはいませんか?今日は、アメリカの小学校で実践されている英語教育についてお伝えします。日本人にも通じる発音上達のヒントが隠されていますよ!

英語「で」何かを学ぶ-小学生向けCLIL(クリル)の手法<算数編>

英語「を」言語学習として学ぶのではなく、英語「で」何かしらの内容を学ぶ学習法「CLIL」は、日本でも注目されはじめています。前回のサイエンス編に引き続き、今回は算数分野のおすすめ教材を紹介します。裏技的?な学習方法も!

英語「で」何かを学ぶ-小学生向けCLIL(クリル)の手法<サイエンス編>

英語そのもの「を」言語学習として学ぶのではなく、英語「で」何かしらの内容を学ぶ。クロスカリキュラムの学習形態「CLIL」はヨーロッパでメジャーな手法です。CLILについての概要と、相性の良い教科の一つであるサイエンス分野のおすすめ教材を紹介します。