小学生こそ受けるべき!英検受験のススメ

想像して下さい。
わが子が街中で外国人相手に流暢にコミュニケーションをとっている姿を。

 

現在、世界の共通言語として、英語が一番使用されています。

また、英語は学校教育において必修科目となっており、現代社会において必要不可欠です。

 

このような日本において、子供が英語を学習する価値と、小学生こそ「英検」を受験すべきだ、という理由を詳しくお話していきたいと思います。

 

目次;

1.英語ができると、どんなメリットがあるのか?

2.小学生こそ英検を!そのワケは。

3.英検の特徴と受験のメリットについて。

4.まとめ

 

1.英語ができると、どんなメリットがあるのか?

 

英語はこれから先、ますます生活をしていくうえで必要になってきます。

国際化やグローバル化という言葉が陳腐に聞こえるぐらい、今では英語が出来ることは大学のどの学部を受験する際にも必須、さらにどのような職業に就く場合であってもやはり英語は必須です。

 

英語ができる人とできない人とでは、生きていく上での可能性の広がりに大きな差がつくことになるのです。

英語を得意にするためには、小学生のころから英語学習を始めるべきということはもはや異論はほとんどないと言っていいでしょう。

 

 

2.小学生こそ英検を!そのワケは。

 

小学生が英語を勉強する上で、英検を目標とすると良い理由、それは「自分の英語力の進捗度を測るのにとてもわかりやすいから」です。

英検は、級ごとにレベルが分かれていているため、子供にとって成果が見えやすく、級があがる達成感によって、英語学習のモチベーションを維持することが出来ます。

 

英語というのは、いったい今、どれぐらい英語を身に着けたのか、ということが客観的に分かりにくい学問です。

子どもをせっせと英会話教室に通わせていても、親が投げかけた簡単な英会話文に、お子さんがまともに返答さえ出来なくて愕然とした、という経験のある親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

英会話スクールでは、ひたすら英単語を使ったゲームばかりをやっていて、簡単な文章の組み立ても学んでいない、というケースが残念ながらよくあります。

 

その点でも、英検を目標にすることによって解決されます。

英検受験には、基本的な英文法を学んでいく必要があるからです。

 

英文の組み立てについて、塾や学校教育のように深くは突っ込まない=英語嫌いにはならない、という程度にさらっと触れることができて、なおかつ、「合格」というモチベーションがお子さんのやる気を引き出してくれます。

 

不合格体験をさせたくない、という場合には英検Jr(英検ジュニア)という選択もあります。

こちらは、ブロンズ・シルバー・ゴールド級に分かれていて、合否ではなく「正答率〇%」ということで答案が賞状のようにして返ってきます。

8割以上到達していれば、次の級に進むようにというアドバイスがあります。

 

ところで、なぜ、中学生からではなく、小学生から英検を受験することをおすすめするのでしょうか。

それは、中学生になると生活面が一気に変わり、圧倒的に時間が無くなってしまうからです。

小学生には自由時間が多くありますが、中学生になると勉強も難しくなり、部活動が始まるため学校の学習以外に使える時間がだいぶ限られてしまいます。

特に、部活動は放課後に開始されるので、勉強との両立がハードになり、学校の試験対策で精一杯ということも多くあります。

 

中学生になってから良いスタートを切るためには小学生から英検を受験し、英語の基礎力を身に付けておくことが大切なのです。

 

 

3.英検の特徴と受験のメリットについて。

 

英検は「聞く(listening)」「読む(reading)「話す(speaking)」「書く(writing)」の4つの技能をバランスよく学べます。

これは、英語を学習する上で非常に重要なことです。

例えば、外国人に道を聞かれた時、相手が英語で書かれたメモを見せてきたとします。

その際、書くことはできても読むことができなければ、意味が理解できません。

また、英語で話された時に、聞くことはできても話すことができなければ、全くコミュニケーションが成り立ちません。

 

このように、英語は4技能すべてバランスよく学ぶ必要がありますが、英検ではこの4技能ということに近年特に着目して試験内容を作成しています。

 

さらに、英検を受験するメリットは、4技能がバランスよく身に付くだけではありません。

公益財団法人日本英語検定協会のホームページには、英検を受けるメリットが沢山書かれていますが、そのうちの一つとして、「入試優遇」「単位認定」など英検取得者は多くの高校・大学の入学試験や単位認定で優遇されています。

 

海外留学の際にも、世界各国の教育機関で海外留学時の語学力証明資格に認定されています。

つまり、受験の際、また、留学の際にとても役に立つことが証明されているのです。

 

4.まとめ

 

いかがだったでしょうか?

英語を学ぶ必要性と英検を受験するメリットを感じてもらえたと思います。

 

英語は、簡単に身に付くものでは決してありません。

子供のうちからコツコツと単語や文法を覚え、コミュニケーションの練習をすることで、少しずつ体に染みついてきます。

 

ぜひ、小学生のうちから「聞く(listening)」「読む(reading)「話す(speaking)」「書く(writing)」ことが勉強できる英検を通じて英語を学習し、世界で羽ばたけるグローバルに活躍できる大人になっていってほしいと思っています。

【自宅で英語学習】スポンサーからの特典情報

英語教育ナビを運営しているスモールワールドでは、子供からシニアまで家族で学べる英語・英会話・英検対策などのレッスンを多数用意しています。
インターネットさえあれば、送迎不要で忙しいキッズやパパママにもぴったりの英語学習方法です!

今なら1,800円分のレッスンポイントを無料進呈しています!
まずは、1分で完了する会員登録をしてみてください!もちろん、登録も完全無料です!

スモールワールドオンライン英会話