英語専門塾の元講師が考える小学生の英検受験について

 

今まで「保護者」の立場から、また英会話教室の元講師の立場から、小学生の英検受験について記事を寄稿頂きました。

今回は「英語専門塾の元講師」さんからみた、小学生の英検受験についての記事です。

過去記事とも、ぜひ比較してご覧になってみてくださいね。

 

目次;

1.英語教育が変わります

2.小学生には文法も含めて日本人講師に教わるのが正解!

3.小学生の英検学習のメリットは何か。

4.まとめ

 

1.英語教育が変わります

 

2020年からの新英語教育に向けてお子様の英語教育に不安や疑問がある保護者が多くいますね。

 

英会話教室やオンライン英会話など英語に関する習い事が増えてきました。

 

しかし、英語は語学なので他の科目と違って、実際に自分の子供がどの程度理解しているのか、レッスンが身についているのかが分かりにくいです。

 

そこで、英語能力を測ることができる実用英語技能検定が活用できるのでは、というのがわたしの意見です。

 

小学生にはまだ英検受験は早すぎる、とか、小学生に理解させるのは難しい、難しすぎて英語嫌いになるのでは?などの不安の声を頂くことがありますが、ここでは、そういった不安を解消できるような提案をいくつか行っていきたいと思います。

 

その前にまずは2020年、英語教育の変化を理解することが大切です。

 

変化に合わせて、子どもに合った英語教育を選ばないと、将来英語嫌いになってしまったり、英語塾に通わせても、効果を感じられないといった結果になってしまいます。

 

なお、以下が新学習要綱で発表されている小学生の英語学習の変更点です。

 

〈変化その1

小学校3年生から外国語活動が始まります。聞くことと話すことが中心の授業になります。

 

〈変化その2

小学校5年生から英語が教科として始まります。つまり成績がつくようになるということです。

小学校34年生で学んできた「聞く、話す」を活かして56年生ではより実践的に学ぶ授業になります。さらに、「読む、書く」も加わり4技能を使えるように授業が展開されます。

 

2.小学生には文法も含めて日本人講師に教わるのが正解!

 

子供は吸収が早いです。だからといって、急激に語学力が伸びるというのは大変難しいことです。

 

ですから、新英語教育に備えて、小さい頃から楽しみながら英語を学ぶ方法を探す必要があると思います。

 

この際、英会話能力だけでなく、4技能を伸ばすために、しっかりと英文法能力も鍛える必要性が高くなっているというと感じています。

 

小学校3年生・4年生からは、聞く、話す能力を伸ばすために英会話スクールに通わせる保護者が多いと思います。

 

しかし、ネイティブスピーカーが教えてくれる英会話スクールでは、

「毎回楽しんで帰ってくるけれど何を学んだのか確認すると答えられない」

という子供が多い、という不満の声をよく聞きます。

 

英会話スクールでは、遊びのような感覚で楽しく英語ゲームなどをしているケースが多く、先生が話した英語や自分が話した英語の「本当の意味」を、あまり理解しないで流してしまっていることがよくあるのです。

 

ネイティブスピーカーは、当然ですが英語を英語で伝えるので、しっかりとした日本語の対訳は学びにいくいのです。

 

また、英語を母語とする講師は、第二外国語の学習方法をうまく伝えることができないことが多いです。

 

そこでわたしのおすすめの英会話学習方法は、日本人講師から英語を学ぶことです。

 

日本人講師は母語が日本語でその状態から英語という語学を学び、どのように勉強したら理解できるか実力がつくかが分かっています。

 

ですから子供が分からなかった時の説明がとても分かりやすく、結果として英語の実力も上がりやすいのです。

 

3.小学生の英検学習のメリットは何か。

 

前章にもあったように小学校の56年生になると「読む、書く」という分野についてもしっかりと学習が始まります。

 

そこで、読み書きも含めた4技能を学ぶにあたっては、今学んでいる英語の実力を測る必要も出てきます。

 

子供に英検受験は早い、という声もありますが、子どもにとってはテストのように実力を測る機会がないと学んだことをアウトプットすることができませんし、テストというモチベーションを良い方向に持っていくことも出来ると思います。

 

また、わたしは小学生であってもしっかりと英文法を学ばないと英会話の文も作りにくいため、英語力を伸ばすには英文法もきちんと指導をすべきだと思っています。

 

その点、英検ではきちんと英文法の知識も測ることが出来る上に、英語の学び始めからも受けることが出来るような比較的簡単な文法知識を問う級もあるため、保護者も、子どもの実力を理解しやすくなっています。

 

実際、2018年度において受験者全体の約11%が小学生受験者となっていて、これは年々増えている数字です。

 

英検は、受験をするにあたって、英単語、英文法、長文読解、リスニング、そしてライティングを学習します。

 

これらの項目を学習することで、英検だけではなく小学校や中学校での英語の理解力もとても上がることが期待出来ます。

 

また、これらの学習にあたっては、書店に行くと多くの参考書があり、その点でも学習がしやすいです。

 

ただし、参考書を与えるだけでは小学生には難しいのも事実です。

 

ここでも、分かりやすく説明をしてくれる日本人講師に学ぶことをおすすめしたいと思います。

 

4.まとめ

 

小学校から始まる英語に向けては、早い段階から準備をすることがとても大切です。

 

そして長期的に使える英語にするようには、遊びが中心の英会話スクールではなく、実力が目に見えて測れる英語検定の受験をオススメしたいと思います。

 

早い段階での英検学習への取り組みは、お子様の未来を変える手助けになるでしょう。

 

【自宅で英語学習】スポンサーからの特典情報

英語教育ナビを運営しているスモールワールドでは、子供からシニアまで家族で学べる英語・英会話・英検対策などのレッスンを多数用意しています。
インターネットさえあれば、送迎不要で忙しいキッズやパパママにもぴったりの英語学習方法です!

今なら1,800円分のレッスンポイントを無料進呈しています!
まずは、1分で完了する会員登録をしてみてください!もちろん、登録も完全無料です!

スモールワールドオンライン英会話