元小学校教諭が明かす実態と課題!2020年から始まる小学校英語について

2020年から小学校でも英語が授業として行われることをご存知でしょうか。

小学校の英語教育に期待しておられる方もいれば、効果に懐疑的な方もいらっしゃると思います。

今の子どもたちが大人になるころには英語力なんて当たり前、という時代がやってくるでしょう。

お子さんが大人になったとき、英語で困らないようにするために、元小学校教諭の著者が、小学校の英語教育についての実情をお伝えします。

小学校での英語教育の実態と課題を知って、ご家庭でできることを今から考えていきましょう。

 

目次:

1.小学校での英語教育の到達目標ってどんなもの?

2.小学校の英語教育が抱える課題

3.ご家庭でもできる、英語教育の手助け

 

1.小学校での英語教育の到達目標ってどんなもの?

 ここでは、小学校の英語教育が目指している内容についてご紹介します。

わたし(筆者)は昨年まで、某地方自治体で小学校の教員をしておりました。

わたしが勤務していた学校では、2020年に改訂される新学習指導要領を基に、英語教育を先行して実施していました。

ちなみに、2020年に改訂される学習指導要領というのはどんなものでしょうか。

指導要領の英語科の項を紐解いてみると、次のように書かれています。

「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ、外国語による聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの言語活動を通して、コミュニケーションを図る基礎となる素質・能力を育成することを目指す。」

ちょっと分かりにくい言い回しですよね。

これはつまり、わたしたちが今まで中学校などで学んできたいわゆる「英語」の力を向上させることよりも、「英語を使ってコミュニケーションをとれるようになること」というのを目標にするよ、と言っているのです。

成果ではなく、活動そのものが目標になっているという点が特徴です。

そこで小学校の英語の授業では、次のようなことが行われるようになります。

1.ゲーム

2.英語の歌

3.読み聞かせ

4.チャンツ

小学校の授業では特に1.ゲームを中心に授業が組み立てられます。

例えば、友だちの好きな色を聞くゲームが設定されたと仮定します。

2.英語の歌や、3.読み聞かせでは、色に関する歌や本を使って子どもたちは英語の色の言い方について学習します。

さらに、ゲームで使う英語表現を覚えるために4.チャンツ(リズムに合わせて英語表現を口慣れするための学習活動のこと)を行います。

先述の「好きな色を聞く」というゲームならば、

What color do you like?

I like red , and you?

といったようなやりとりを拍子にのせて練習します。

こうした活動を通して、子どもたちは英語を使ったコミュニケーションに慣れ親しんでいくのです。

そして単元の最後のゲームでは、それぞれが自分の好きな色をカードに英語で書き、覚えてきた表現や単語を使って、クイズ大会をするというような学習の流れです。

このようにして新学習指導要領が目指す「聞くこと、読むこと、話すこと、書くこと」の言語活動が保障されるのです。

 

2.小学校の英語教育が抱える課題

しかし、こうした活動を通して、子どもたちに確かな英語力がつくでしょうか。

残念ながらわたしは自信を持って首を縦にふることはできません。

なぜなら英語を使って色をたずねたり、答えたりすることはできても、その他の英語の表現に応用ができるとは思えないからです。

こうした活動を繰り返したところで、英語学習の時間は所詮週に2時間です。(3、4年生は週に1時間)

覚えられる表現も一年間に10個もいかないでしょう。

正直に申し上げて、子どもたちに英語力がついているとは言い難いのがわたしが勤務していた小学校での英語教育の実情です。

 

3.ご家庭でもできる、英語教育の手助け

 だからといって、わたしは小学校の英語教育について行うべきではないと考えているわけではありません。むしろ積極的に行うべきと考えています。

成果、という点では課題も多いと思う現状の小学校英語教育ですが、それでも、たとえばわたしのクラスの子どもたちが、英語のゲームややりとりを行うなかで、楽しんで英語に触れている、ということは、よくわかったからです。

英語を使ったコミュニケーションが、子どもたちにとっては楽しいのでしょう。

それを見る限り、小学校の英語の授業での活動と、学習指導要領で謳われていることに差異はないように感じます。

しかし、一番大切な将来を生き抜くための英語力にはつながっていません。

そのため、ご家庭では、英語力そのものを向上させるような学習と環境を補完してあげることが大切です。

その一つとしてわたしが提案できるのは、英語の本を読んであげることです。

ただやみくもに英語の本を読み聞かせるのではなく、絵本の中に同じセンテンスが繰り返されているような本がいいでしょう。

子どもたちが同じ表現を何度も聞き慣れていくうちに、子どもたちは自然と口ずさむようになっていきます。

これは、わたしも学校現場で体験したことですが、子どもたちは英語であろうと日本語であろうと覚えた表現は自分から繰り返すようになります。

そうした口慣れ、耳慣れをすると、さらに英語に対する関心も高まり、英語力の向上につながるでしょう。

ぜひこうした環境を整えた上で、さらに子どもたちの英語を鍛えてあげてください。

子どもたちが英語を楽しみ、自信をもって口ずさんだり、話したりすることができれば、2020年から始まる小学校の英語教育を存分に活かす手だてになるのではないしょうか。

【自宅で英語学習】スポンサーからの特典情報

英語教育ナビを運営しているスモールワールドでは、子供からシニアまで家族で学べる英語・英会話・英検対策などのレッスンを多数用意しています。
インターネットさえあれば、送迎不要で忙しいキッズやパパママにもぴったりの英語学習方法です!

今なら1,800円分のレッスンポイントを無料進呈しています!
まずは、1分で完了する会員登録をしてみてください!もちろん、登録も完全無料です!

スモールワールドオンライン英会話