現地レポート!アメリカ小学校・移民の英語教育事情

目次;

1.はじめに

2.アメリカへ移民してくる子供たちの背景

3.英語を話すために。子供たちの苦労と小学校のサポート

4.英語を知らない子供たちが、どうやって英語を身につけるのか?

5.アメリカでもいろいろな角度から楽しく学ぶ工夫をしています

6.終わりに

1.はじめに

アメリカは移民して来た人々によって作られた国です。

アメリカで豊かな暮らしや成功するのを望むのであれば、何よりまず、英語が話せるようにならなくては、その道は開かれません。

親が英語を話せなくても、アメリカで適正な教育を受ければ、子供たちは英語を理解し、話し、書くことができるようになります。

今回の現地レポートは、アメリカへ移民してくる人たちの背景を考えながら、子供たちがどのようなサポートを学校で得て、英語を身につけて行くのかをお伝えいたします。

2.アメリカへ移民してくる子供たちの背景

移民者の背景は、親の転勤の都合で移転して来る場合と、政治的・経済的な事情で生活の自由を求めてくる場合とでは、全く違ってきます。

親の仕事で移り住んでくる場合には、親に教養があり、教育も熱心であることが多く、子供も、英語がすでにできる、ということが多いです。

親は、子供たちが学校から学んでくる英語のサポートをしてあげたり、英語を子供に教えたりします。また状況によっては家庭教師を雇うなど、家庭でのサポートが行き届いています。

一方、政治的自由を求めて移民してくるアラビア語圏の家庭は「なんとか、この国で自由な生活がしたい。」という、ハングリー精神があるため、たとえ親に教養がなかったとしても、家族が一丸となって必死で英語を勉強する傾向にあります。

また、経済的な自由を求めてくる家庭が多いスペイン語圏の家庭は、その国々自体に、教育システムがあまり整っていません。

両親共に働いていたり、片親の場合も多く、一緒になって子供に英語のサポートをしてあげられる状況ではないこともしばしばです。

では、このように家庭でサポートがない子供たちは、どうやってアメリカで生きて行き、英語を学ぶのでしょうか?

その鍵は、アメリカ自治体制と教育システムにあります。

3.英語を話すために。子供たちの苦労と小学校のサポート

日本の教育水準は高いです。

ほとんどの人が、読み書きが出来て基本的な算数が出来る。

これは、日本に住んでいると、当然のことのように思えますが、一度、日本の外へ出てから日本を見ると、とても経済豊かで教育熱心な国だと、改めて感心させられます。

日本の基本的生活水準が高いので、日本の学校では、貧困家庭を対象にした内容があまり組み込まれないのは、当然のことのように思えます。

しかし、アメリカでは、富裕層が数多くいるのと同様、貧困層が底知れぬほど多くいるのが現状です。

先程触れた、自分の国で教育を受けてない移民家庭の子供たちは「学校」という場でサポートを受けて行くのです。

アメリカでは、所得が一定の基準に達していない家庭の子供たちは、無料で公立保育園へ入れる資格が与えられ、空きがあれば、朝食・昼食やおやつのサポートを受けられます。

それに加えて、学問的にも、アルファベット学習、本読みの習慣、基本的な算数の勉強、しつけ等を受けることもできます。

貧困家庭でも、この時点で子供がアメリカ教育の環境へ入ることが出来ると、普通にアメリカで育った子供たちと同様に、何の問題もなく、幼稚園・小学校へと進んで行けます。

アメリカに来るのが小さければ小さいほど、英語や文化的な問題に抵抗なく入り易く、すんなりとアメリカ学校生活を送ることができるようになります。

一方、小学生に入ってから移民してきた子供たちや、小学生の学齢になっても英語ができない場合には、ESOL(英語を外国語として学ぶクラス)へ行って、特別なカリキュラムに沿って勉強をすることになります。

スペイン語圏の子供たちの中でも、親が率先して子供をサポートする家庭は、子供が早く英語や学習環境に慣れ、ESOLのクラスから卒業し、通常クラスで他の子供たちと肩を並べて、一緒に学べるのです。

4.英語を知らない子供たちが、どうやって英語を身につけるのか?

英語を知らない子供が苦労するのは、まずは英単語が読めないことから始まります。

英語という言語は、ドイツ語やフランス語など、いろいろな言葉が入り交ざっていて、不規則な発音が多くのでリーディングが比較的難しいのです。

英語には、フォニックスを主体にした発音学習法があるのですが、この方法を利用してリーディングも学ぶと良いでしょう。

幼稚園から小学校1年生くらいまでに、きちんとアルファベットの組み合わせと発音の関係を学んでおかないと、その後、読書嫌いになってしまいます。

本を読まないと語彙量が少なく、語彙量が少ないと、話すこと・聞くこと・書くことも難しくなり、英語自体が嫌いになってしまうリスクがあります。

英語のできない初級者の子供は、少人数のESOLクラスで、英語の発音と、単語と発音の組み合わせを徹底的に指導されます。

本読みの練習は、簡単な本を選び、先生の前で10分くらいの音読をします。

発音が間違っていれば、そこで先生が直してくれます。

また、読めない単語があれば、先生のヒントとフォニックスの発音方法を使いながら、何度も練習します。

本を読んだ後には話の内容をまとめて書くように求められ、その読解力と作文力も養われます。

このような学習が続くと、次第に子供たちは、自然に英語が理解でき、とまどうことなく話すことができ、難しい作文内容にも対応できるようになります。

そして、ESOLのクラスを卒業するのです。

5.アメリカでもいろいろな角度から楽しく学ぶ工夫をしています

これまで紹介したのは基本的な英語学習法でした。

でも、アメリカはエンターテイメント大国です。

楽しいと思わせることを取り入れるのが得意です。小学校でも、いろいろな角度から英語を学ぶ方法を考えています。

例えば、ゲームを取り入れた学習方法は、ビンゴ(BINGO)やマッチングゲームです。

通常の授業をした後、子供たちに「息抜き」を与えているように見せかけて、こういったゲームを使い、ちゃんと勉強させています。

また、面白そうなトピックについて、グループで話し合い、アメリカ社会で良く求められる「自分の意見を述べる」ことを練習させたり、周りと話し合うことによって、英語の会話部分も身につけさせるのです。

6.終わりに

移民者にとって、アメリカで生きていくことは、とても大変なことです。

文化が違うだけでなく、法律も違い、言葉も違います。

でも、英語を身につけることによって、アメリカでの成功の扉は開かれます。また、いろいろと世界を見る目も変わります。

子供に英語という武器を与えて、グローバル社会で成功するための基礎固めが出来れば良いなあ、と思います。

 

幼児・小学生・中学生の英語と英会話の家庭教師をご自宅に派遣します。

スモールワールドとは